日本庭園用語:幹巻きとは

日本庭園の用語集

sponcered by







幹巻きとは

幹巻きとは、冬の間、松の幹などにワラなどを巻きつけることを指します。

樹木には、表皮の裏に形成層という部分があり、根から吸い上げられた水はここを通って枝葉に向かいます。しかし、冬になるとこの活動が休眠して、形成層が乾燥します。そして、形成層が乾燥した状態で冬の寒風があたっていると、樹木が枯死してしまう場合があります。そこで、寒風から樹木を守るために、幹巻きが行われます。

夏場にも、日差しの強さで樹木の形成層が乾燥しそうな場合には、幹巻きが行われる場合があります。

その他、冬の日本庭園の手入れとしては、苔などを凍死から守るための敷き松葉や松の枝が雪の重みで折れることを防ぐための雪吊りもあります。

関連記事

  • 準備中

関連日本庭園

  •  準備中

関連参考書籍

本記事を書くにあたり、以下の書籍を参考にしています。日本庭園の種類や歴史、構成要素について、初心者にもわかりやすく解説されています。

日本庭園の用語集に戻る

日本庭園の用語集

日本庭園の用語集

2021年8月17日

日本庭園のトップに戻る

日本庭園ガイド

日本庭園ガイド

2021年8月17日

sponcered by







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です