日本庭園用語:錆砂利とは

日本庭園の用語集

sponcered by







錆砂利とは

錆砂利とは、錆びて茶色くなった砂利のことを指します。

もともと枯山水の日本庭園では京都で取れる白川砂が使われていましたが、徐々に白川砂の入手が難しくなると、錆砂利やビリ砂利が使われるようになっていきました。

錆砂利やビリ砂利は、その侘び・寂びを感じさせる色合いから、露地(茶亭)の砂利としても相性が良いです。

関連記事

  • 準備中

関連日本庭園

  •  準備中

関連参考書籍

本記事を書くにあたり、以下の書籍を参考にしています。日本庭園の種類や歴史、構成要素について、初心者にもわかりやすく解説されています。

日本庭園の用語集に戻る

日本庭園の用語集

日本庭園の用語集

2021年8月17日

日本庭園のトップに戻る

日本庭園ガイド

日本庭園ガイド

2021年8月17日

sponcered by







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です