日本庭園用語:砂紋(箒目)とは

日本庭園の用語集

sponcered by







砂紋(箒目)とは

砂紋(箒目)とは、枯山水において、白川砂などの砂利につけた波模様を指します。

枯山水は、池泉庭園とは違って、実際に水を用いることはしませんが、砂や石、苔によって、大自然や水を表現します。このとき、砂利に模様をつけることで、水の流れや波を表現する手法が用いられます。それが砂紋(箒目)です。

砂紋は、庭園の掃除を終えて、最後につけられます。

関連記事

枯山水庭園とは

枯山水(日本庭園)とは?特徴や歴史、代表的な庭園を解説

2021年9月27日
日本庭園の種類

日本庭園の種類:3つの基本様式・分類をわかりやすく解説

2021年9月3日

関連日本庭園

  •  龍安寺

関連参考書籍

本記事を書くにあたり、以下の書籍を参考にしています。日本庭園の種類や歴史、構成要素について、初心者にもわかりやすく解説されています。

日本庭園の用語集に戻る

日本庭園の用語集

日本庭園の用語集

2021年8月17日

日本庭園のトップに戻る

日本庭園ガイド

日本庭園ガイド

2021年8月17日

sponcered by







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です