日本庭園用語:雪吊りとは

日本庭園の用語集

sponcered by







雪吊りとは

雪吊りとは、雪の重みで松の枝が曲がって折れないよう、それぞれの枝を縄で吊る作業を指します。

一般的なのは、幹付近に柱を立てて、そこから枝の先まで縄を張る方法で「りんご吊り」と呼ばれます。

雪吊りは兼六園で行われるものが有名で、毎年11月から3月中旬まで行われます。「唐崎松」と呼ばれる松から作業が始められるのが決まりになっています。

冬の日本庭園の維持作業には、他にも幹巻き敷き松葉があります、。

関連記事

池泉庭園とは

池泉庭園とは?その特徴や分類、人気の日本庭園を解説。

2021年9月20日

関連日本庭園

  •  準備中

関連参考書籍

本記事を書くにあたり、以下の書籍を参考にしています。日本庭園の種類や歴史、構成要素について、初心者にもわかりやすく解説されています。

日本庭園の用語集に戻る

日本庭園の用語集

日本庭園の用語集

2021年8月17日

日本庭園のトップに戻る

日本庭園ガイド

日本庭園ガイド

2021年8月17日

sponcered by







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です