ヒップホップ用語:クランクとは

sponcered by







クランクとは

クランクとは、サウス(アメリカ南部)で発展したヒップホップのサブジャンルのひとつです。

シンセサイザー等から発せられる電子音と重低音の利いたベースラインで作られた打ち込みトラックビート)の上に、シャウトも取り入れたようなラップを乗せたものを指します。

リル・ジョンやソルジャ・ボーイらの活躍によって、2000年代に人気を博しました。初めてYouTubeを使いこなしたラッパーともいえるソルジャ・ボーイの「Crank That」は、ビルボード1位を獲得。初めてデジタルで300万ダウンロードを突破した曲となりました。

オールドスクールなヒップホップ等が好きな人からは「あんなのはヒップホップじゃない」と言われがちな音楽でもあります。

クランクの影響は、トラップに引き継がれていき、現在はトラップの中心地であるアトランタがヒップホップのメインストリームとなっています。

written by @raq_reezy

 

↓ ヒップホップのトップに戻る ↓

ヒップホップの教科書

ヒップホップ入門の教科書:歴史やアーティスト、用語を解説

2020年1月18日

関連記事

ヒップホップ(音楽)の種類・サブジャンル

ヒップホップ(音楽)の種類やサブジャンルをわかりやすく解説

2021年4月10日

関連用語

関連アーティスト

関連書籍・商品

関連動画・関連楽曲

「ヒップホップ用語集・スラング集」に戻る

 

洋楽ヒップホップを中身まで楽しむなら、洋楽ラップを10倍楽しむマガジン!

ラップの歌詞解読なら『洋楽ラップを10倍楽しむマガジン』!

2018年5月17日

sponcered by