ヒップホップ用語:フロウとは

sponcered by







フロウとは

フロウとは、ラッパーがどのようなリズム(グルーヴ)や抑揚でラップするかを指します。歌手でいう「歌い方」や「表現」のようなイメージです。

ラッパーのスキルには、大きく3種類あります。どのような歌詞を書くかというリリックの部分、どのようにを踏むかというライミングの部分、そして、どのようにラップするかというフロウの部分です。リリックやライミングが優れていても、フロウが良くなければ、音として気持ちよく聴かせることができません。

どのようにフロウしてラップを気持ちよく聴かせるかという研究は日々行われ続けています。

そもそもフロウは、どのようなビートにラップを乗せるかによっても最適解が変わります。そのため、地域によっても、例えばイーストコーストウェストコーストでは気持ちの良いフロウが変わりますし、サウスのやや間延びしたビートに対しては、リル・ジョンやソルジャ・ボーイに代表されるような、シャウト気味のフロウを乗せるクランクなどのジャンルも誕生しました。

また、主流のビートは時代に応じても変わって行くので、フロウも更新されていきます。2000年代前半には、ティンバランドやネプチューンズ、スウィズビーツなどの、打ち込み色が強い新世代のトラックメイカーたちが登場しました。こうしたトラックメイカーたちのビートに最適なフロウで乗りこなして、益々勢いをつけていったラッパーがジェイZでした。

2010年代以降には、多くのラッパーがオートチューンを利用するようになったことから、オートチューンをかけたときの気持ちよさなども考慮されるようになり、結果としてリル・ウージー・バートやリル・ヨッティに代表されるようなマンブルラップなどの新しいフロウのスタイルも登場しています。また、トラップのビートが流行したことで、ミーゴスなどが三連符のフロウでラップを乗せるようになり、こちらも流行しています。

written by @raq_reezy

 

↓ ヒップホップのトップに戻る ↓

ヒップホップの教科書

ヒップホップ入門の教科書:歴史やアーティスト、用語を解説

2020年1月18日

関連記事

ヒップホップ・ミュージックのラップとは

ヒップホップの歌唱表現「ラップ」とは。韻やフロウも解説。

2021年4月8日

関連用語

関連アーティスト

関連商品・書籍

関連動画・関連楽曲

「ヒップホップ用語集・スラング集」に戻る

 

洋楽ヒップホップを中身まで楽しむなら、洋楽ラップを10倍楽しむマガジン!

ラップの歌詞解読なら『洋楽ラップを10倍楽しむマガジン』!

2018年5月17日

sponcered by