ソルジャ・ボーイのおすすめ名曲・アルバム・歌詞・和訳など

ヒップホップのラッパー紹介

sponcered by







ヒップホップ・アーティスト一覧

ヒップホップ・アーティストの一覧

2021年4月27日

ソルジャ・ボーイ(Soulja Boy)

ソルジャ・ボーイ(Soulja Boy、本名:ディアンドレ・ラモーン・ウェイ、1990年7月28日 – )は、アトランタ出身のラッパーであり、プロデューサーです。

自身で製作したシングル曲「Crank That」に、独自の振り付けをつけてYouTubeに投稿するなどのインターネット上のプロモーションによって、2007年にビルボードのHOT 100チャートにて、合計7週間も1位を獲得。

今でこそヒップホップはインターネットを通じてファンを獲得するのが当たり前となっていますが、2007年の当時は、まだYouTubeが誕生して2年目であり、インターネット活用の先駆者であったといえます。

デビュー時は、リル・ジョンらが発展させたクランクと呼ばれるチープなビートの上にシャウト気味のラップを乗せるスタイルをメインとしていましたが、現在はダーティーサウスやトラップなどのサウンドに移行しています。

デビュー当初は、あまりに独特なスタイルから、アイス・Tに批判された一方で、スヌープ・ドッグカニエ・ウェスト50セントらが支持するなど、賛否両論のラッパーでした。

3枚目のアルバムを出した後から、レーベルへの不満からインディペンデントに戻っており、チーフ・キーフやミーゴスなどのアーティストを早くから見つけて共演するなどのフックアップも行う一方で、注目を集めるためのビーフも絶えないラッパーで、チーフ・キーフとも元々はビーフで知り合ったほか、ミーゴスやコダック・ブラックリル・ヨッティ、クリス・ブラウンらとビーフがありました。クリス・ブラウンとはボクシングでの試合に発展しそうになりました。

written by @raq_reezy

ソルジャ・ボーイの名曲・おすすめヒット曲

Crank That

Pretty Boy Swag

Turn My Swag On

Kiss Me Thru The Phone

Speakers Going Hammer

Blowing Me Kisses

Gucci Bandana feat. Gucci Mane & Shawty Lo

Bird Walk

ソルジャ・ボーイのおすすめライブ動画

Social Awards 2019

LA Clippers Halftime Show

ソルジャ・ボーイのアルバム・ディスコグラフィ

  • Souljaboytellem.com (2007年)
  • iSouljaBoyTellem (2008年)
  • The DeAndre Way (2010年)

ソルジャ・ボーイの歌詞・和訳

  • 準備中

ソルジャ・ボーイの関連記事

関連記事

ヒップホップ(音楽)の種類・サブジャンル

ヒップホップ(音楽)の種類やサブジャンルをわかりやすく解説

2021年4月10日

ヒップホップ・ミュージックのアーティストに戻る

ヒップホップのトップに戻る

ヒップホップの教科書

ヒップホップ(HIPHOP)の教科書

2021年4月6日

sponcered by







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です