M&A用語:分割型分割とは

M&A用語集

sponcered by







分割型分割とは

分割型分割とは、会社分割において、会社分割の対価が分割会社の株主に割り当てられるものを指します。なお、対価が分割会社自体に割り当てられる場合は分社型分割といいます。

分割型分割の例として、会社からノンコア事業をスピンアウトする場合を考えてみましょう。新設分割を行って、そのノンコア事業を新設会社に引き継ぎ、対価として新設会社の株式を割り当てます。

このとき、スピンアウトした新設会社(ノンコア事業)の株を保有し続けたいかどうかは、分割会社が決めるのではなく、分割会社の株主がそれぞれで判断するのが適切でしょう。そのノンコア事業に今後も伸びしろがあると思う株主は、新設会社の株式を保有し続ければいいし、あくまでも分割会社の中核事業を魅力的に思っていただけでノンコア事業には興味がないという株主は、新設会社の株式を売却すればよいわけです。

こうした場合には、新設分割の対価である新設会社の株式は、分割会社ではなく、分割会社の株主に割り当てるのが適切だと考えられます。言い換えると、分社型分割ではなく、分割型分割が適切なストラクチャーだと考えられます。

written by @raq_reezy

関連記事

M&Aの7種類の方法や手法(ストラクチャー)をわかりやすく解説

M&Aの7種類の方法や手法(ストラクチャー)をわかりやすく解説

2022年1月31日
M&Aとは何の略?意味や目的を簡単に解説

M&Aとは何の略?意味や目的を簡単に解説

2022年1月27日

関連用語

M&A用語一覧に戻る

 

sponcered by







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ラップをしています!アルバム『アウフヘーベン』、EP『Lost Tapes vol.1』、『Lost Tapes col.2』を発売中!