ヒップホップ用語:ドラッグとは

sponcered by







ドラッグとは

ドラッグとは、麻薬や薬類のことです。ドープともいいます。

ヒップホップにおいて、よく登場するドラッグとしては、大麻コカインコデイン(リーン)オピオイドザナックスLSD(アシッド)などがあります。

ドラッグを販売する売人のことをドラッグディーラーハスラーといいます。ラッパーの中には、ギャングドラッグディーラー出身のアーティストも多いため、過去にドラッグを売っていたという内容がよく歌われます。例えば、ニューヨークを代表するラッパーのジェイZは、アメリカ東海岸の北部〜中部にかけてコカインの卸売をしていました。

ラッパーがお金を稼ぐために売っていたドラッグは基本的にコカインです。一方で、ラッパーが自分で使用するドラッグは基本的に大麻です。

また、大麻もアメリカの一部の州では合法ですが、近年は合法なドラッグとして、咳止めシロップに含まれるコデイン成分や、病院で処方されるオピオイドやザナックスなどが登場しています。これらのドラッグは合法だからといって安全なわけではなく、アメリカでは毎年数万人がオピオイドのオーバードーズ(過剰摂取)で亡くなっています。

ヒップホップにおいても、ジュース・ワールドやリル・ピープ、マック・ミラーなど、多くのアーティストがオピオイドやコデイン(リーン)のオーバードーズによって亡くなっており、ヒップホップ・コミュニティの問題となっています。

 

↓ ヒップホップのトップに戻る ↓

ヒップホップの教科書

ヒップホップ入門の教科書:歴史やアーティスト、用語を解説

2020年1月18日

関連記事

ヒップホップの歴史

ヒップホップの歴史をわかりやすく解説。おすすめの本や映画も紹介。

2021年4月6日

関連書籍・商品

関連動画・関連楽曲

関連アーティスト

  • ジェイZ
  • プッシャーT
  • リル・ベイビー
  • フューチャー
  • リル・ウェイン
  • ジュース・ワールド
  • リル・ピープ
  • マック・ミラー
  • ピンプC

関連用語

「ヒップホップ用語集・スラング集」に戻る

 

洋楽ヒップホップを中身まで楽しむなら、洋楽ラップを10倍楽しむマガジン!

ラップの歌詞解読なら『洋楽ラップを10倍楽しむマガジン』!

2018年5月17日

sponcered by