日本庭園用語:浄土式庭園とは

日本庭園の用語集

sponcered by







浄土式庭園とは

浄土式庭園とは、平安時代後期から鎌倉時代にかけて、寝殿造系庭園をベースに発展した池泉庭園です。

平安時代後期になると、世の中では末法思想が流行しました。末法思想とは、釈迦が入滅した後に長い年月を経て末法を迎えると、仏教の正しい教えが失われて、世の中が混乱するという思想です。実際、末法元年とされる1051に向かって、939年には平将門や藤原純友の乱が起こり、1028年には平安時代の全盛期を築いた藤原道長が病没するなど、当時の平安貴族たちにとっては不安な世の中が近づいていました。

そうした中で、貴族たちは現世よりも、死後の極楽往生を願うようになります。そのためには、正しく浄土を思い浮かべられること(観想)が必要であると考えました。しかし、実際に浄土を見たことがある人はいません。そこで、曼陀羅を参考にして、庭園に浄土を再現するようになったのです。

具体的な特徴としては、浄土は西の方にあると信じられていたため、池泉庭園の西側には真東を向くように阿弥陀堂が建てられました。太陽が東から昇ると阿弥陀堂に陽の光が差し込み、夕方になると太陽は阿弥陀堂の奥に沈んでいきます。貴族たちは、池の東側を此岸、西側を彼岸に見立て、池の東側から阿弥陀堂に向かって、先祖や自身の死後の極楽往生を祈りました。

浄土式庭園としては、藤原頼通が建てた平等院や、奥州藤原氏が『作庭記』に従って建てた毛越寺などが有名です。

関連記事

池泉庭園とは

池泉庭園とは?その特徴や分類、人気の日本庭園を解説。

2021年9月20日
日本庭園の種類

日本庭園の種類:3つの基本様式・分類をわかりやすく解説

2021年9月3日

関連日本庭園

  • 平等院
  • 毛越寺

関連参考書籍

本記事を書くにあたり、以下の書籍を参考にしています。日本庭園の種類や歴史、構成要素について、初心者にもわかりやすく解説されています。

日本庭園の用語集に戻る

日本庭園の用語集

日本庭園の用語集

2021年8月17日

日本庭園のトップに戻る

日本庭園ガイド

日本庭園ガイド

2021年8月17日

sponcered by







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です