日本庭園用語:内腰掛(うちこしかけ)とは

日本庭園の用語集

sponcered by







内腰掛(うちこしかけ)とは

内腰掛(うちこしかけ)とは、露地(茶庭)において、内露地に置かれた腰掛(椅子)のことです。

露地(茶庭)で客を招くにあたっては、まず、外露地外腰掛に座って待っている客を主人が亭主石のあたりで出迎えます。そして、みんなで中門を通って内露地に入ります。

その後、茶席に客を招いてお茶を出しますが、茶席はとても小さいことから、客全員が同時に入ることはできません。そこで、基本的に前半と後半に分かれて接待します。このとき、内露地で自分の順番を待つために座る椅子が内腰掛です。

関連記事

露地(茶庭)とは?庭の構成や図面、石、植栽などをわかりやすく解説。

露地(茶庭)とは?庭の構成や図面、石、植栽などを解説。

2021年10月5日

関連日本庭園

  • 足立美術館
  • 興禅寺
  • 春風萬里荘
  • 神勝寺

関連参考書籍

本記事を書くにあたり、以下の書籍を参考にしています。日本庭園の種類や歴史、構成要素について、初心者にもわかりやすく解説されています。

日本庭園の用語集に戻る

日本庭園の用語集

日本庭園の用語集

2021年8月17日

日本庭園のトップに戻る

日本庭園ガイド

日本庭園ガイド

2021年8月17日

sponcered by







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です