日本庭園用語:神池・神島とは

日本庭園の用語集

sponcered by







神池・神島とは

神池・神島とは、古くから日本の神社の境内にみられた池と島を指します。

日本では、古来より自然の中に神を見出していました。そのため、海をモチーフに池や島を神社の境内につくり、そこに海神を祀っていました。

中国大陸から仏教や仙人思想などが伝来して、庭園がつくられるようになっていくと、神池・神島は徐々に池泉庭園へと発展しました。海や島の表現は複雑化して、神仙蓬莱石組須弥山石組舟石などの石組が登場。神仙島に不老長寿の薬を取りにいく舟など、演技の良い表現が庭園内に導入されるようになりました。

関連記事

池泉庭園とは

池泉庭園とは?その特徴や分類、人気の日本庭園を解説。

2021年9月20日
日本庭園の種類

日本庭園の種類:3つの基本様式・分類をわかりやすく解説

2021年9月3日

関連日本庭園

  •  準備中

関連参考書籍

本記事を書くにあたり、以下の書籍を参考にしています。日本庭園の種類や歴史、構成要素について、初心者にもわかりやすく解説されています。

日本庭園の用語集に戻る

日本庭園の用語集

日本庭園の用語集

2021年8月17日

日本庭園のトップに戻る

日本庭園ガイド

日本庭園ガイド

2021年8月17日

sponcered by







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です