ポーカーにおけるベットアクション4種類のセオリーを解説

ポーカーのベットセオリー

sponcered by







そもそもポーカーのベットアクションとは

ポーカー(テキサスホールデム)では、それぞれのプレイヤーに配られる2枚のスターティングハンドと、5枚のコミュニティカードの合計7枚から、5枚を選んで役の強さを競います。

その間、プリフロップフロップターンリバーという4つのベットラウンドがあり、プレイヤーはベットします(チップを賭けます)。

ポーカーは、役を揃える以上に、チップの賭け方の上手さを競うゲームだといえるでしょう。

以下の4種類のベットアクションについて、上手な使い方・コツを勉強しましょう。

  1. レイズ
  2. コール
  3. フォールド
  4. チェック

なお、それぞれのルールについては、こちらをご覧ください。

ポーカーの基本ルール:4種類のベットアクションを解説

ポーカーのベットアクション

レイズ、フォールド、コール、チェックの4種類のアクションの基本ルールについて解説しています。使い方やコツの前に、まだ基本ルールが怪しいという方は、こちらの記事から復習していただけます。

レイズの効果的な使い方・コツ・タイミング

まずは、レイズの効果的な使い方を学びましょう。レイズは基本的な考え方を抑えることで、上達しやすいベットアクションです。

ポーカーのレイズとは?上手な使い方・コツ・ベット額を解説

ポーカーのレイズ

レイズは、自分のハンドが強くて相手にコールしてほしいときか、自分のハンドが弱くて相手にフォールドしてほしいときに用いるベットアクションです。詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

コールの効果的な使い方・コツ・タイミング

続いて、コールの効果的な使い方・コツ・タイミングを学びましょう。

初心者のうちは、何でもコールする「コーリングステーション」になりがちなので、適切なコールとは何かを学ぶことでレベルアップが図れます。

ポーカーのコールとは。コールすべき3つの局面・タイミングを解説

ポーカーのコール

コールとは、他プレイヤーのベット額にあわせてベットすることで、次のラウンドまで残るというアクションです。コールは、次のラウンドまで残れば逆転できる可能性があるときや、自分のハンドが本当は強いけれど隠しておきたいときに使います。詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

フォールドの効果的な使い方・コツ・タイミング

続いて、フォールドの効果的な使い方を学びましょう。

フォールドは、ゲームを降りるという行為で、その時点でゲームの負けが確定する・それまでにベットしたチップを失うということから、後ろ向きなアクションに思われがちですが、これ以上チップを失わずに、次のゲームに進めるという意味で、とても便利なアクションです。

ぜひ、フォールドを上手に使えるようになりましょう。

ポーカーのフォールドとは?効果的な使い方・コツ・タイミングを解説

ポーカーのフォールド

フォールドは、ベットすること自体の期待値が低く、レイズもコールも適切でない場面で行います。自分がフォールドしすぎ?と気にする方も、以下の記事をご覧ください。

チェックの効果的な使い方・コツ・タイミング

続いて、チェックの効果的な使い方を学びましょう。チェックは上手に使うのが難しいアクションですが、基本的な考え方を抑えておきましょう。

ポーカーのチェックとは。チェックレイズ等の使い方も解説

ポーカーのチェックとは

チェックは、なるべくポットを小さくしたままショーダウンまで進みたいときや、自分の強さを隠したいとき(スロープレイ)に使います。チェックの使い方やコツは、以下の記事をご覧ください。

「ポーカートップと目次」に戻る

ポーカー入門:初心者向けの教科書(トップ)

ポーカーの教科書

ポーカー入門:初心者向けの教科書【テキサスホールデムのルール・遊び方・戦略】

2020年9月14日

目次

その他

 

sponcered by